FLC blog

健康コンサルティング FLCのイチカです。悩みを消して快適に!

鼻うがいの新型コロナ感染予防効果は?

 

「鼻うがい」の新型コロナ感染予防への疑問と回答

 

ひとつ前の記事で紹介した鼻うがいですが、新型コロナ予防にも効果があると言われているようです。

そこに一つ、疑問が浮かびました。

 

疑問:「鼻うがいは新型コロナにも効果がある」と書かれているけど、エビデンスはあるのかな?

 

答え:あるにはあります(まだ研究途中ですけれど)

 

世界じゅうでパンデミックになっている新型コロナ関連の知見はネット検索だけでも多数あり、

その中から鼻うがいのエビデンス(研究報告)も拾うことができました。

 

ただ、見つかった報告はAugusta大学の一連の研究であり、

鼻うがいを行った対象は、新型コロナ陽性の患者さんたちです。

 

「鼻うがいによる新型コロナの予防」の研究ではなく、

「新型コロナにかかった患者さんが、鼻うがいをするとどうなるか」という研究でした。

 

さらに、その研究で使用されている鼻うがいの洗浄液には、ポピドンヨード(べタジン)などが含まれています。

 

ポピドンヨードは市販もされているうがい薬(イソジンなど)の成分ですが、

強い殺菌作用があるため、新型コロナへの効果を期待して使用されたのだと思います。

ですが、殺菌作用が強いだけに、有益な常在細菌も殺菌するといった懸念があります。

 

新型コロナ陽性の患者さんに対して、常在細菌への影響よりも、コロナウイルスの除去が優先されるのは当たり前ですが、

陽性ではない人が毎日鼻うがいをする場合、逆に免疫力を低下させる可能性もあるのでは・・・?

という疑問が残ります。

 

エビデンス例の紹介

感染の大幅減少:洗浄液に消毒剤(ポピドンヨード)を含有しており、経口投与も併用

アメリカのAugusta大学で、患者に鼻うがいと経口の消毒剤投与を行って病院内の新型コロナ感染を大幅に低減させた、という報告がありました。

europepmc.org

 

効果ありとされる:洗浄液に消毒剤または重曹を含有、査読なし

こちらもAugustaの救急科からの報告です。

経口投与はなく鼻うがいだけのようですが、やはり消毒剤*1を入れた洗浄剤で1日2回・2週間の鼻うがいをし、効果があったとされています。

ポピドンヨードと重曹のどちらも効果があり、有意な差はありませんでした。

www.medrxiv.org

 

この報告には

preprint and has not been peer-reviewed

という注意書きがあります。

まだ査読がされていませんよ、ということですね。

ですが、効果の高さは確かなようです。

 

Augusta大学では昨年から2022年にかけて、鼻うがいの研究を実施しています。

まだ研究は続いていますが、新しい知見を公表しているようです。

clinicaltrials.gov

 

日本の医療系記事での見解

ちなみに日経医事新報社では、下のような記事が掲載され、このように述べられています。

COVID-19の重症化を防ぐという点で、初期段階における安価な鼻うがいの介入については今後検討する価値があり、現状では特に自宅療養となるような患者に有用と思われる。

 

世界的にwith コロナ時代となった現状において「自然感染による免疫の獲得」という視点からも鼻うがいによるCOVID-19の軽症化は意義があると思われる。ワクチンの入手が容易でない貧困国においては勿論であるが、副反応に対する懸念などの理由でmRNAワクチン接種を躊躇している人々にとっても朗報の一つになるかも知れない。

 

コロナ陽性になった人が鼻うがいをするのは、重篤化を防ぐこときができ、自宅療養中でもできる対処法だということです。

そしてワクチン未接種の人にとっても良い報告だということで、鼻うがいを推奨しています。

 

なお、記事中には

生食鼻うがいを実施

とあります。

「生食」とは生理食塩水のことです。

 

とはいえ、参照リンク先の報告は一つ上に紹介した未査読の報告であり、食塩水にポピドンヨード(べタジン、イソジン)または重曹を含んでいますから、

純粋な生理食塩水での効果というわけではありません。

(もしも私側の間違いでしたら、ご指摘いただけると幸いです)

 

ちょっと難癖をつけるような形になってしまいましたが、

COVID-19対策としての鼻うがいの可能性を理論的に示唆する

という箇所は、深く納得しました。

 

www.jmedj.co.jp

 

海外の見解

また、次のような見解もあります。

 

Disinfecting the nasal cavity of those who do or do not already suffer from COVID-19 may help to lessen contagiousness or act as a preventative, respectively.

「COVID-19に感染した人、または罹患していない人の鼻腔を消毒することは、感染の軽減や予防に役立つ可能性があります」

 

筆者のMichael Greenwood氏はドクターではなく、修士の方ですが、SARSの研究などを引いて論述されています。

www.news-medical.net

 

結局のところ、コロナの予防効果は?

上記のデータや、理論的な推察から、「予防効果はある」と言えます。

 

陽性のコロナ患者が鼻うがいをすることで感染率が低下した、

つまりコロナウイルスが減少したことが示されたのですから、

非感染者が鼻うがいをすることにも、予防効果は十分期待できます。

 

ただし、エビデンスが出ている鼻うがいの洗浄液は、生理食塩水にポビドンヨード重曹が含まれたもの。

 

感染していない人が毎日使用すると、常在菌まで殺菌してしまう恐れがあることには注意してください。

 

ここからは個人の判断になりますが、できれば普段はただの生理食塩水での鼻うがいを行い、

陽性になった場合や、三密になるなどで感染の可能性が考えられる場合には、重曹やポピドンヨードを入れた洗浄液を使うといいですね。

 

*1:ポピドンヨード10%または重曹10%